毛には毛周期と呼ばれる生えかわりのサイクルがあり、成長期、退行期、休止期といったサイクルがあります。
成長期は毛が生え始めて、伸びている時期です。成長期は毛母細胞が活性化しており、毛が成長しています。
退行期は成長期が終わり、毛母細胞の分裂が止まる時期です。この時期には新しい毛が作られず、毛はそれ以上伸びることはなくなります。その後、毛の下方部分が退縮し、毛乳頭から毛が離れ、退行期後、毛根は休眠の時期を迎えます。

このような毛周期というサイクルがあるためにムダ毛を抜いてもしばらくすると生えてくるのです。そのため、フラッシュ脱毛などで脱毛する時には毛周期に合わせた施術が必要となります。

毛周期は成長期、退行期、休止期といったサイクルを辿っています。フラッシュ脱毛が作用することができるのは成長期の毛と退行期の一部の毛となっており、休止期に入ると施術しても効果がないため、1回の施術だけではムダ毛を完璧に処理することはできません。そのため、毛周期を図りながら、タイミングを合わせて何回かにわたって脱毛を行っていくことが重要です。

脱毛サロンに通い始め、つるつるの肌になるまで脱毛するためには、1部位ごとに少なくとも12回くらいの施術が必要となるといわれています。

毛周期を知っておこう